20200530(土) メモ 「ppi 画素密度計算」 

20200530(土)
予定が飛んでしまったので・・・
あいも変わらずPC関連。
現行のディスプレイはメインが23インチ 解像度(1920x1080) 画面密度 96ppi
サブは17インチ 解像度(1280x1024)  画面密度 96ppi
サイズや解像度は違うのですが画面密度が同じなので画面の移動をしても違和感がありません。

もう少し大きな画面がほしいと思っています。
作業領域として画面は大きければ大きいほど楽です。
以前ならばある程度の大きさのディスプレイを複数でしたが今だと大きな4Kを1枚または2枚位がいいのではと考えています。
具体的には43インチ 4Kを1枚とか足りなければ2枚。
FHDと言われる1920x1080の大きさが4面分の作業領域があります。
43インチの1/4ですので21.5インチ分の大きさです。

今の23インチが4面分となると46インチですがそうそう都合が良いディスプレイは売っていません。
ので43インチのディスプレイがいいなとおもっているのですが・・・
今の自分の環境で考えると大きなディスプレイは少し顔の角度を上に向けないとみることができないなと。
しかし上向きはついらい。
なれると問題がないのでしょうか???
参考は
見せてもらおうか、3万円4Kテレビの実力を。TCL「43K601U」をMac用モニタとして購入
なのでしょう、
しかしそこまで必要かなと
もう一枚30インチ程度の大きさの液晶のほうが使い勝手もよく価格も抑えられるかなと考えてもいます。
そうすると今のディスプレイも使います。
画面密度は合わせたたいので
「ppi 画素密度計算」 を使います。

コメント

このブログの人気の投稿

ルーバー窓のオペレーターハンドル交換

鴨居レールのカバー。カイダー・ベースボード社製 製品名「敷居溝カバー」

面影橋から~~~♪ 天満橋~~~♪