iPnone5sの画角ー大雑把です。

2017/1/9(月)
「成人の日」

東京都へ現地調査と打ち合わせと簡易内覧検査。
順番的には
1,簡易内覧検査
2,お客様の話を聞きながら実測と打ち合わせ。

現地近くの駐車場に車を入れていざ現地へ。
(アッ!デジカメを忘れた・・・)
少し前までは200万画素のスマホでしたが
今はiPhone5s。

これがあれば大丈夫!
800万画素。
しかも写りもかなりいいです。
ただ画角が。
横にすればいいと。
そう考えて落ち着く。
そのiPhone5sで撮影した写真。
この写真は全体ではなく一部分の切り抜きをしてあります。
写真の内容。
洋室に付属のクローゼット内です。
奥の部分をなくして平らにする。
裏側はキッチンなので冷蔵庫置場の幅が500ミリ以上広がる。
そこにコンベックスを置く。
一旦は壊す。
そして作り完成させる。
その他もろもろです。

で写真ーカメラのこと。
iPhone5s、通常の画角は35ミリ換算で30ミリなのでワタシ的には使い物にならない。
しかし横にするとかなり広角になります。
探しても出てこなので比べてみました。
大体同じ位置から自分の液晶に向けて撮影してみました。
まずはソニーのRX-100 画角は28ミリ


レンズから液晶の画面までは328ミリです。
17インチ液晶の枠外まで写ります。
次にiPhone5s。
もう少し広く撮れるかと思っていたのですが・・・
RX-100より狭いです。
はやり30度くらいでしょうか。
残念。
参考にパナソニックのLX3、24ミリで撮影した場合。
流石に24ミリ。
広く撮れます。

う~~ん。
iPhone5sが思っていたより残念ですが現場ではRX-100より広く撮れるのです。
それを考えました。
たぶん、レンズが出っ張らないからだと思います。
レンズの出っ張りなどほんの数センチの差ですが室内撮影の場合はその小さな差が大きいのです。
それにデジカメを忘れてもいつも持ち歩くスマホであるという点がいいです。
デジカメが売れないわけでもあります。
私はデジカメ派ですが。

コメント

このブログの人気の投稿

ルーバー窓のオペレーターハンドル交換

鴨居レールのカバー。カイダー・ベースボード社製 製品名「敷居溝カバー」

20210319 エコカラットプラス 新商品 発売は4月1日以降です。