墨壺さん。

2015/12/21
3回めのアップ・・・

たまには道具の事。

















墨を打とうとしてカルコを材木にさして、
糸を引いいたら糸が切れてしまいました。

糸は墨壺の中で切れた。
墨壺はもう一つ持っているので、墨付け自体は問題なく終了。

墨壺をどうしようか?
捨てようか?
治そうか?

治しました。
上の写真は糸を引っ張りだして、糸が中に入らないようにしてある状態です。
あとはカルコにつなげるだけです。

糸の交換はしていません。
が。
3メートルほど短くしました。
カタログによると30メートルとあります。
自分で使うのは先っちょの3メートルがせいぜい。
その傷んだ3メートルをカット。

もう少しがんばってください、墨壺さん。





コメント

このブログの人気の投稿

ルーバー窓のオペレーターハンドル交換

鴨居レールのカバー。カイダー・ベースボード社製 製品名「敷居溝カバー」

面影橋から~~~♪ 天満橋~~~♪