新エコヌール 2

2016/6/5(日)

「新 エコヌール」について、その2。
先週、仕入先の「タイルのシンユウ」様の担当者から電話がありました。
エコカラットを壁に貼り付けるときに使うボンド「エコヌール」についてです。
新しくなった「新エコヌール」。
たの業者さんからも色々と言われているようです。
私が既に使っていたとは知らず
「粘土が高く使いづらいようで、メーカーには早急に改善するように言っています。」と。

私の方からも同感であること、そして改善されて良くなった点もいいました。
関連記事
新エコヌール

昨日も使ってみて、やっぱり粘土が高く重たい。
プロはまだ良い。
普通の人は手を出してはいけないと思う重さ。

私の通常の施工では壁にエコヌールを付けてからエコカラット(プラス)を貼り付ける。
以前のボンドであればボンドが多少多くても少なくてもエコカラットを押し付ければ平らになったのですが。
新エコヌールではそれも難しい、壁に均一にボンドを塗らないと、特に厚く塗ってしまうとエコカラットを貼り付けて押し付けても平らにならない。
石のような強さのタイルであれば叩いてでも押し付けられるのだがエコカラットでやってしまうと割れてしまう。
このような場合は一度剥がして多すぎるボンド(新エコヌール)を取って再度貼り直すしか方法が無い。


自分のサイト内には「DIY エコカラット」などというページもある。
緊急告知でしばらくは手を出さないほうが良いとでも追記を考えています。

コメント

このブログの人気の投稿

ルーバー窓のオペレーターハンドル交換

鴨居レールのカバー。カイダー・ベースボード社製 製品名「敷居溝カバー」

面影橋から~~~♪ 天満橋~~~♪