鉋の台なおしからの研ぎ

2016/9/22(木)雨

鉋が3ツ、横にしておいてあります。















奥から替刃鉋 50ミリ
普通の鉋 55ミリ
手前は父が使っていたもので65ミリ

鉋はいくら「刃」を研いでも台が狂っていると使い物になりません。
替刃鉋でも台が狂っていると駄目です。(当たり前)
そう、使い物にならないくらいになっていました。
(面取り程度のことは出来ますが。)
なので治しました。
シャプトンの空母に紙やすりを巻きつけて鉋の台をこすって平にして
裏をすく。(鉋の刃で。)

「刃」を研ぐ前に裏出し。
それから研ぐ。
研ぎ器とグラインダー
















まずはざざっと機械で・・・
ここまで時間切れになりました。

コメント

このブログの人気の投稿

ルーバー窓のオペレーターハンドル交換

鴨居レールのカバー。カイダー・ベースボード社製 製品名「敷居溝カバー」

20210319 エコカラットプラス 新商品 発売は4月1日以降です。