折れた「ノミ」

2016/8/21(日)天気 曇り。
台風が近くにあって、変な天気です。
気温は30度以下なので無理をすればエアコン無しで。
と努力はしてみますが、どうにも・・・。

時間はあるのですがどうにもイマイチ気合が入らない。
昼間に大阪の原工務店の原さんから電話をいただきました。

いろいろ様々な話をさせていただきあました。

先日、その原さんが「ノミ」の箱を作成されました→「日記 完成しましたが・・・」

時間もあるし大工なのだからたまには「ノミ」の手入れも。
研ぎ終わった「ノミ」、ハイス鋼でできています。
















ずっと前に「組みノミ」を手に入れて,
その都度手入れをしています。

ハイス鋼という硬い金属で出来ています。
通常の使い方だけではなく「エコカラット」を剥ぐときにも使っています。(内緒)

ま、「私の通常の使い方」自体に大問題があるのも内緒ですが。
その「ノミ」が1本だけですが折れました!

原さんにも話したのですが釘にあたって刃こぼれなんぞは朝飯前でよくある話ですが
「折れた」のは聞いたことがない、と言われました。

私だって折れるとは思いませんでした。

首から先が全ハイスなので刃をつけるわけではないのですが・・・
ようやく上写真のようにとりあえずは使えるレベルになりました。
裏出しはしませんでした、回転砥石に180番の砥石を付けて削り直しました。

あと10本以上残っています。

コメント

このブログの人気の投稿

ルーバー窓のオペレーターハンドル交換

鴨居レールのカバー。カイダー・ベースボード社製 製品名「敷居溝カバー」

20210319 エコカラットプラス 新商品 発売は4月1日以降です。