軒天の修理。

2016/4/19(火)天気 快晴

軒天の修理、
剥がして内部を確認して悪い部分は撤去等をして補強または補修。
軒天は張替え、ベニヤにペンキ仕上げからケイ酸カルシウム板ペンキ仕上げに。
軒の出はおおよそ3尺ー90センチです。
その軒天を支える材木の間隔が45.5センチ。
広い、ので材木が悪ければ全徹を考えていましたが。
ほとんど使える。
ので、その間に新たに木を入れることにしました。

軒天の解説については
「軒天部分について(「軒天」と「鼻」(屋根まわり))」
軒天の図

コメント

このブログの人気の投稿

ルーバー窓のオペレーターハンドル交換

鴨居レールのカバー。カイダー・ベースボード社製 製品名「敷居溝カバー」

面影橋から~~~♪ 天満橋~~~♪