2017年7月22日土曜日

国立競技場

2017/7/22(土)天気 晴れ

本日、某不動屋さんにて打ち合わせ。
そのときに不動産屋さんの社長さんが国立競技場の建設現場で働いていた若い人が自殺。
このことを話されました。
工事が遅れたのは工事業者の責任ではなく国及び都、そしてオリンピック委員会であると。
しわ寄せは下に下に。

少し前のブラジルのリオデジャネイロでのオリンピック前にもまだ宿舎が出来ていないとか水が出ないトラブルが有るとかのニュースが。

最近の日本だと考えられないと思うようなニュースが出てきました。
しかし今の国立競技場やその他の競技場のことを考えると他の国で起きたようなことが
この日本でも起こるるのではないか?
ではどうすればそれを回避できるか、ちょっとだけ考えてみました。

工事の時間は朝8時から夕方5時まで。
これをやめてしまえばいいのでは。
つい少し前の(今も?)上海のように3交代制で24時間工事。
理屈的には3倍のスピードで出来る。
問題はお金。
そして近隣住民の協力・・・
バカヤローと言われそうですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。