肉体労働者の腰痛回避ー私の場合。

2016/11/26(土)天気・・・

いつもいつも重たいものを持つわけではありませんが。
事務作業の人たちよりは持つ機会が多いです。
昨年は腰痛のために起き上がることも出来なくなりました。
整体院で治療をしてもらったりしてなんとか・・・
腰痛は完全には治っていません。

機械もメンテナンスが必要なように
体もメンテナンスが必要です。

私が見つけたのは「ヨガ」です。
普通の施工のときは寝る前に
【おうちヨガ】ベッドの上で出来る寝る前の10分夜ヨガ
をしています。

ヨガマットとかは持っていません。
布団の上でやってそのまま寝てしまいます。

もう少しハードに腰が負担がかかったとき
例えば先日は
25kgのセメント5袋
20kgの砂 18袋
20kgの砂利 7袋
をトラックの荷台から急な階段を30段ほど上がり20mほど先に運んだ。

夜は腰が悲鳴をあげます。
いつもより念入りなメンテナンスが必要です。
「ヨガ」もいつもより長めでハードなものをしています。
Wave Yoga 寝る前20分ヨガ
をしました。

さらに翌日、上記のセメント・砂・砂利をねってコンクリートを打ちました。
夜には両方のヨガをやり、更に他の「ヨガ」も。
ほぼ1時間。

整体院の先生によると私の場合は
インナーマッスルといわれる大腰筋とかの傷みによる腰痛だと言われています。
腰骨は大丈夫(他の整体院でレントゲンを取りました。)
このインナーマッスルの傷みは自然に強くなることは無いそうです。
水泳がいいと言われたのですがプールな家にない。
または腹筋をするといいようですが・・・辛い。
こんなモノグサですが「ヨガ」は続いています。
なぜ続くのか?
やらないとまた動けなくなるからです。
そいてあの痛み。
頭も手も足も動くのに立ち上がれない。
悔しくて悔しくて。

さらに仕事しないとお金も入らない。

どんな人にとっても体は資本なのでしょう。
若いうちはいいのでしょう。
私にしてもはじめて痛めたのは高校生の時でした。
それからは時々痛くなるがなんとかなっていました。
40代中ば以降は1年に1度はかなりきつい痛みがあり
整体院に行っていました。
しかし自分でメンテナンスはしていませんでした。
そう言うツケが出たのでしょう。
動けなくなり奥様に救急車を頼んだのですが・・・
「これじゃ来てくれないよ」
「手も足も動かせるし」で。

同年代の同業者にあうと体のことが話の中心にもなったりします。
大病をしてから何かしらのメンテナンスをされています。
朝、起きて布団の中で30分ほどストレッチをされたり、
仕事前に体操をしたり。

上記でリンクをさせていただいた「ヨガ」の動画。
省略が無いのがとてもいいのです。
あと2呼吸といって動画の中でも2呼吸しています。
布団の枕元にスマホを持っていって動画を再生させながら
ほぼ毎日「ヨガ」をしています。
「肉体労働者の腰痛回避ー私の場合。」です。


コメント

このブログの人気の投稿

ルーバー窓のオペレーターハンドル交換

鴨居レールのカバー。カイダー・ベースボード社製 製品名「敷居溝カバー」

20210319 エコカラットプラス 新商品 発売は4月1日以降です。