「iPhone6s」のバッテリー メインのスマホは「CUBOT-P20」

20190403(水)天気 晴れ
iPhone6sのバッテリーについて
今年の1月下旬に携帯電話の機種変更をして「iPhone6s」にしたのです。
しかしバッテリーが持たない。
モバイルバッテリーをつないでも充電しない???
車のシガーソケットからつないでも充電しない???
モバイルバッテリーを買い直しても充電しない???

新しいスマホを買いました
https://suga-kenntiku.blogspot.com/2019/03/cubot-p20.html

それでも「iPhone6s」も仕事に持参しています。
(正確にいうと「iPhone5s」のアマゾンのファイヤータブレットも。)

やはりナビ代わりに使うと午後5時位でバッテリーがほとんどなくなり夕方から夜には使えなくなる。
サブでこの有様です。
使いたかはナビと現場での写真撮影に使っています。
ナビに使うのでWIFIはON状態。

性能はいいのでなんとかもっと使いたいのです。
そしてバッテリー内蔵ケースに手を出しました(買いました)。
この手のバッテリーもたくさん出ていています。
価格とバッテリー容量で選びました。
「BeeFix iPhone6/6S/7/8兼用 バッテリー内蔵ケース 5000mAh 充電ケース ケース型バッテリー iphone6sバッテリーケース 大容量 240%バッテリー容量追加-4.7インチ用 (黒)」
これはアタリ!でした。
「iPhone6s」使用中にバッテリーが少なくなってきて裏のボタンを押すとグイグイ充電します。
そう家で充電するようにグイグイバッテリーの数値が上がりあっという間に100%になり充電をやめます。

バッテリー自体の充電が少なくなってきたらモバイルバッテリーや車のシガーソケットからの充電はできるので問題はありません。
もう少し様子を見てOKならばメインを「iPhone6s」、サブを「CUBOT-P20」にしたいと考えています。
その理由
1,写真の画質、当然「iPhone6s」がいいですし、「CUBOT-P20」の写真は画素数は多いが画質はダメダメでしかもピントが合うのが遅くシャッターがなかなか切れない。
このアタリは安物スマホの限界と思います。
2,ブルートゥースイヤホンの接続、「iPhone6s」はすぐに繋がり、一度切れても再接続がすぐにされる。「CUBOT-P20」は切れてしまうと再接続が殆どできない、なので今はケーブルで接続のマイク付きイヤホンー実を言えばiPnohe6s付属のものを指して使っています。
この2つの要因です。

余談、「CUBOT-P20」をお客様の前で使用していたら「それはiPnoneXですか?」と聞かれました。
うれし恥ずかしです。

コメント

このブログの人気の投稿

ルーバー窓のオペレーターハンドル交換

鴨居レールのカバー。カイダー・ベースボード社製 製品名「敷居溝カバー」

面影橋から~~~♪ 天満橋~~~♪